PR

【もう諦めないで!】お風呂の鏡の頑固な水垢をピカピカにする魔法の掃除術

【ワーママ必見】お風呂掃除を10分で終わらせる魔法のテクニック コラム

お風呂の鏡の頑固な水垢、もう諦めていませんか?
諦める前に、ぜひこの記事を読んでみてください。
この記事では、お風呂の鏡の頑固な水垢をピカピカにする魔法の掃除術をご紹介します。
この掃除術を実践すれば、驚くほど簡単に水垢を落とすことができます。

水垢の原因と種類

まず、掃除の前に天敵である水垢の原因を考えてみましょう。

水垢とは、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分が乾燥して固まったものです。
入浴後の水滴が鏡に付着し、それが乾燥することで水垢が形成されます。
水垢には、白い水垢と茶色い水垢の2種類があります。
白い水垢は、主にカルシウム成分が固まったもので、茶色い水垢は、カルシウム成分に加えて鉄分などの不純物が固まったものです。

白い水垢と茶色い水垢で成分が異なるので、掃除の際にも注意が必要です。

 

魔法の掃除術

必要なもの:

  • クエン酸
  • 重曹
  • キッチンペーパー
  • ラップ
  • スポンジ
  • ゴム手袋
  • マスク

掃除手順:

  1. 換気を良くする
  2. クエン酸パック
  3. 重曹ペースト
  4. 重曹ペーストでこする
  5. 水で洗い流す
  6. 乾拭きする

ポイント:

  • クエン酸パックは、時間をかけて水垢を柔らかくします。
  • 重曹ペーストは、研磨剤の役割を果たし、水垢をこそぎ落とします。
  • 頑固な水垢には、力を入れてこすります。
  • 目や口に入らないよう、ゴム手袋とマスクを着用してください。

水垢は出来る前に予防が大事!

水垢を予防する

水垢を予防するには、以下の点に注意しましょう。

  • 入浴後に水滴を拭き取る: 入浴後は、鏡に付着した水滴を拭き取ることで、水垢の発生を予防することができます。
  • 定期的にクエン酸パックを行う: 定期的にクエン酸パックを行うことで、水垢の蓄積を防ぐことができます。
  • 換気を良くする: 浴室の換気を良くすることで、湿度を低く保ち、水垢の発生を予防することができます。

 

水垢を放置するデメリット

水垢を放置すると、鏡が汚れて見え、見た目も悪くなります。
また、水垢はカビの発生の原因となるため、衛生面でも問題があります。
さらに、水垢を放置すると時間が経つにつれて落としにくくなり、掃除の手間が増えてしまいます。

なので、毎日少しで良いので綺麗に掃除する事が重要です。

時間が経過して取れにくくなってしまって、鏡がうろこ状になってしまうと
素人では、ピカピカにするのが難しくなりますので

一度、しっかりプロの浴室クリーニング業者さんに綺麗にして貰うというのも
検討した方が、時間と労力を考えた場合には賢い選択かもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました